ワールドアパートオフィシャルページ

pe’zmoku

BIOGRAPHY

( ペズモク )

侍ジャズ5人衆「PE’Z」とオルタナティブフォークの新星「suzumoku」のユニット。 ジャンルの異なる2組が、互いの音楽性に惹かれ合い、「音楽を通して皆に夢や希望を伝えたい」という共通の想いから結成。 それぞれが活動の合間を縫って、水面下で制作活動を開始。 ’07年、運命的な結成秘話を再現ビデオという手法で公開、Webを中心に大きな話題となった。 そして年末恒例のPE’ZスペシャルLIVE「EN-MUSUBI」のアンコールで突如pe’zmokuを初披露。 これまでの両者からは想像できないユニークな衣装と圧巻のパフォーマンスで、オーディエンスを大いに沸かせた。 ’08年、次世代に想いを伝えるべく、総力を挙げ、本格的に始動。 翌09年、活動休止。
PE’Z
’99年にOhyama “B.M.W” Wataru(Tp)を中心に、Kadota “JAW” Kousuke(Sax)、ヒイズミマサユ機(Key)、Nirehara Masahiro(Wb)、航(Dr)の5人で結成。 ジャズをベースにしながらもラテンやロックなどを取り込んだサウンド、緊張感と躍動感を兼ね備えた圧倒的なライブパフォーマンスが評判になり、ストリートライブでは時に1000人以上の観客を集めた。更にワンマンライブは即完売し、デビュー前から話題となる。ミニアルバム『Akatsuki』でメジャーデビュー。その名を一躍メジャーシーンに知らしめることとなる。第17回日本ゴールドディスク大賞ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞。海外レーベルと契約するなど、欧米・アジアと活躍の場を拡げ、日本を代表するアーティストとなる。2015年活動休止。
suzumoku
中学2年で地元静岡のストリートで歌い始める。ロック・カントリー・ジャズ・ギターインスト等、様々なジャンルの音楽を聞き漁り、音楽性を模索。高校卒業後、楽器製作の専門学校に入学し、ギターやベースの製作に明け暮れる。 音楽は完全に趣味にしようと決め、岐阜にある国産手工ギター工場に就職。音楽活動を一旦休止するも再開。ギター職人の道とミュージシャンの道、どちらが本当に進むべき道なのか真剣に考え、06年夏プロミュージシャンになることを決意。 07年1月に上京し、10月にアルバム『コンセント』でデビュー。2018年活動休止。

DISCOGRAPHY